残業と休暇について

残業と休暇について

アルバイト員とはいえ、会社の事情などにより残業することがあるでしょう。
残業する際には、通常単価よりも割増の給与を受ける権利があり、これは法律により定められています。

 

残業代(割増賃金)は雇用形態に関係なく支払われるもので、
「正社員じゃないから」といった例外はありません。

 

パートやアルバイトなどであっても1日8時間以上働いてる場合には
残業代を受け取ることができるのです。

 

割増率については、一定時間延長して労働した場合に25%以上、
法定休日の労働であれば35%以上と定められています。
万一「残業代が支給されていない」などとあっては大変ですから、きちんと確認するようにしましょう。

 

休暇について

 

何のためにアルバイトをするのか、それはもちろん「お金が欲しいから」ですよね。
しかしお金のためだからといって無理が過ぎると、身体を壊してしまう原因となりかねません。

 

法律により適度の休憩、休暇を取れるよう定められていますので、
疲れている時にはしっかりと休むようにして下さい。

休憩

1日の労働時間が6時間以上の場合は45分以上、8時間以上の労働となる場合には1時間以上の休憩を取ることができます。

休日

少なくとも1週間に1日は休暇を取ることができます。また、法律により1ヶ月(4週間)に4日以上の休暇を与えなければならないと定められています。

有給休暇

雇用されてから6ヶ月以上の勤務期間があり、尚且つ所定労働日の8割以上の出勤日がある場合であれば、10日以上の有給休暇を取ることができます。基本的に正社員に適用される制度ですが、パートやアルバイトなどであっても条件に応じて適用されることがあります。