バイトを辞める・退職する場合

バイトを辞める・退職する場合

無事アルバイトに就くことができ、順調に働いていても、
何かしらの事情につきそのアルバイトを退職しなければならない場合もあることでしょう。
退職時のマナーを知り、くれぐれもお世話になったアルバイト先に迷惑をかけないようにしましょう。

退職申入れ

退職を希望する日時より2週間前に、直属の上司に伝えるのが最低限のマナーです。突然「今日で退職します」などと伝えることのないようにしてください。

手続き・引継ぎ

雇用主の指示に従い、退職手続きを進めていきます。会社にもよりますが、パート・アルバイトを問わず退職時に「退職願」の提出を求められることがあります。雇用主に返却しなければならないもの、受け取るものなど、きちんと確認しましょう。退職日についてはこちらの希望を述べ、上司とよく相談して決めるようにしてください。退職手続きと並行して行うものに「仕事引継ぎ」があります。これは、あなたが退職した後に仕事を引き継ぐ人が困らないように行う整理をいいます。

退職後の給与

「アルバイトを中途で辞めたから」とはいえ、雇用主には
労働者に対し"勤務した分の給与を支払う"義務があります。

 

働いていた時のアルバイト代金が支払われないからといい、
泣き寝入りするようなことがあってはいけません。

 

基本的に退職から一週間(7日間)以内に給与が支払われますが、
支払いがない場合はこちらから請求することができます(労働基準法第23条)。

 

給与請求をしたにも関わらず雇用主が応じてくれない場合は、
最寄の労働基準監督署までその旨連絡してください。
先にも書きましたが、退職時にアルバイト先に迷惑をかけるようなことがあってはいけません。

 

連絡もなしに出勤しなくなる、
備品など借りているものを返却しない、
備品などを断りなしに持ち帰る、
職場の雰囲気を乱すような言動をとる、

 

などの行為は言わずとも迷惑になりますから、
「どうせ退職するから」などといって行わないようにしましょう。