所得税と住民税

所得税と住民税

アルバイトとはいえ、働いてお給料を手にすれば"納税の義務"が課せられます。
「アルバイトは課税されないから大丈夫」といった若者の声を聞くことがありますが、

 

これについては否です。後々困らないためにも、きちんと税金について知っておきましょう。

所得税

お給料に課せられる税金のことをいいます。一年間での総所得額が103万円以下であれば非課税扱いとなり、所得税はかかりません。『源泉徴収』というシステムがありますが、これは会社側で給与支払いの際に所得税を徴収し、納税者に代行して国に納める仕組みとなっています。源泉徴収は、労働者の月収が8万7000円以上になると行われます。ただし年間の総所得額が103万円以下である場合は、『確定申告』をすることで徴収された税金が返金されます。勤務先から源泉徴収票を受け取り、税務署で手続きを行います。

住民税

自分が住んでいる自治体に対して支払う税金のことをいいます。納税額は都道府県、市区町村により異なり、年間の総所得額が100万円であれば非課税扱いとなり、この場合は税金を納める必要がありません。勤務をはじめた翌年6月より、住民税の納税が課せられます。

 

一年間の総所得 所得税 住民税
100万円以下 かかりません かかりません
100万1円〜103万円以下 かかりません かかります
103万1円以上 かかります かかります