労働時間について

労働時間について

労働時間については、原則として「休憩時間を除き1日8時間」と定められており、
1週間につき40時間以上の労働を課してはいけないこととなっています。

 

一週間40時間以上の労働は『残業』扱いとなり、業務に応じて給与が上乗せされます。
ただし、業務によっては労働時間の規制により遂行が
難しくなる場合もありますので、以下のような制度が設けられています。

変動労働時間制

業務の繁忙期・閑散期に大きな差が見られる場合、労働時間の配分を業務特性に合わせて変更、決定できる制度のことをいいます。

フレックスタイム制

一ヶ月以内の一定期間の総労働時間を決めておき、その範囲内であれば各日の始業・残業時刻を労働者が自主的に決定することができる制度のことをいいます。企業によっては、コアタイムを採用している場合もあります。

裁量労働制

業務の性質上、業務遂行のための手段や時間配分について雇用者から具体的な指示は出さず、完全に労働者の裁量に任せる制度のことをいいます。実際に労働に費やした時間数には関係なく、あらかじめ労使協定で決定した労働時間数を働いたもの、とみなします。裁量労働制にはデザイナー、アナリストなど特定の業務に就く労働者を対象とした「専門業務型裁量労働制」と、事業運営の企画、立案、調査などを行う知的・技術的労働者を対象とした「企業業務型裁量労働制」の二種類があります。

事業場外労働のみなし労働時間制

営業などは事業場外での勤務となりますが、こうした労働時間の算定が難しい場合に用いられる制度をいいます。労使協定により定められた労働時間分、勤務したものとされます。