履歴書の書き方と作成方法

履歴書の書き方と作成方法

日時

基本的に、履歴書への記入日時を書きます。送付日や面接日でも問題ありません。西暦ではなく「平成○○年」といったかたちで記入しましょう。

写真

過去三ヶ月以内に撮影した写真を同封します。このときに使用するのは証明写真で、スナップ写真やプリクラ写真はNGです。

名前

漢字名とふりがなを記入します。履歴書に「ふりがな」とあればひらがな、「フリガナ」とあればカタカナで書きましょう。

住所

「○丁目○番地○号」といったように、末尾まで省略せずに書きます。部屋番号などを忘れないよう気をつけてください。

電話番号

基本的に自宅電話を指します。自宅の電話番号を記入しましょう。携帯電話やPHSは「その他の連絡先」項目に書きましょう。

学歴

まず、一行目に「学歴」と書きます。学校名は省略せず正式名称で記入しましょう。小中学校は卒業年のみ、高等学校以降の学歴については、入学・卒業両年を書きます。よく「同校卒業」「〃」など省略する人がいますが、これは選考基準においてマイナスになりますので、きちんと正式名称を記入しましょう。

職歴

過去職歴がない場合は「なし」と書きます。パートやアルバイトなどでも長期間働いたものがある場合は、きちんと記入しましょう。会社名は「(株)」「KK」などと省略せず、「株式会社」と書くようにしてください。記入を終えたら、最後に「以上」とします。

資格

資格を持っている場合は、取得順に記入していきます。アルバイトの職種に直接関係がないように思えるものであっても有利に働く可能性がありますので、出来るだけ書き込むようにしましょう。また、未取得のものであっても試験勉強をしているものがあれば、その旨記入します。

趣味・特技

面接時の話題として盛り込まれることがありますので、それといったものがなくても出来るだけ記入するようにしましょう。「特になし」と書くよりも、好きなことや得意なことを書くと面接時にプラスとなります。

志望動機

面接時に最も大切な項目になります。あらかじめ、考えた文章を下書きしておくと失敗しません。企業側が求めているのは「働きたい」という強い意志を持った労働者です。「時給がいいから」「何だか面白そう」などの動機以外にも、こちらの熱意を伝えると良いでしょう。