面接の重要さと採用

面接の重要さ

面接において重要なのは、いかに「働きたい!」という意欲を相手に伝えるかです。
これまでの経歴を紹介するだけでなく、自分自身の特徴や長所、特技や趣味など、
職業に直接関係のないものであっても大いにアピールしましょう。
あなたにしかないものを、少しでも多く企業側に伝えましょう。

 

面接は学校の論文やスピーチとは異なります。
その人が会社にとって必要な人材であるかどうか、
将来的に期待できる人材かどうか、企業が求めている人材かどうか、
などを判断するために行うのです。

 

判断材料のなかでも「この企業だからこそ働きたい」
といった意欲的な態度はプラスになります。

 

ただし作文のように長々と語るのではなく、
あくまで簡潔かつ濃い中身の内容を伝えるようにしましょう。

 

また、言葉だけでなく「声」「動作」など
身体全部で表現すると、より強いアピールとなるでしょう。

採用が決定したら

アルバイト面接当日その場で採用が決定されることも多いようですが、
通常は面接から2日〜3日後に連絡があります。採用の連絡がきたら、
いつ頃から働くことができるのかを伝えておきましょう。

 

不採用の連絡であっても躍起にならず、きちんとお礼するのがマナーです。
正規社員、アルバイト関係なく、多くの企業は研修期間を設けています。

 

アルバイト面接後、採用の通知をいただいてからは研修期間に入ります。
社員や先輩から仕事についての指導があり、仕事に慣れるまでの間、
様々なアドバイスを受けることができるでしょう。

 

いくらアルバイトだからといって、いつまでも「わからない」ばかりでは通りません。
教わったことは極力一度で覚えるようにし、きちんと実践できるようになりましょう。

 

ちなみにアルバイト採用者の給与は、基本的に正規社員よりも少なめに設定されているのが普通です。