面接で必ず受ける質問

面接で必ず受ける質問@

『これまでにあなたは、どのような職業に就いてきましたか』。
この質問は、あなたが希望している仕事に適しているかを判断するために行われます。

 

自分が担当してきたポジションや得意とする分野など、
これまでの経緯をより分かりやすく伝えるのがポイントです。

 

『なぜこの職種を希望したのですか』。
転職で仕事を希望した人や、以前まで違う業種に就いていた人によく聞かれる質問です。

 

仕事についてどのくらい理解があるのか、その程度の意欲があるのかなどを判断されます。
ここでは、どのくらい前向きな姿勢であるか、これまでに積み重ねてきた経験や努力してきたこと、

 

さらに希望する職種に対する意欲などを伝えられれば魅力的ですね。
だらだらと時間を掛けて話すのではなく、分かりやすくまとめて伝えるのが大切です。

面接で必ず受ける質問A

『あなたの長所はなんですか、また短所はなんですか』。
自分の良いところ、悪いところを自覚しているかどうか、
自分の特徴を活かしたり改善したりできる人かどうかを判断するために行われます。

 

二つを分けて説明するとどうしても長々と話すことになりますので、
一つにまとめて端的に伝えるのが良いでしょう。回答の例としては

 

「自分は行動が人よりもやや遅いところがありますが、その分周囲に劣らぬよう何倍にも努力するようにしています。一度関わったことは最後まで責任を持って行動いたします」といったように
"短所を先に述べる"ようにすると、後に置いた長所が際立ちます。

 

また、いかに短所を改善するの具体策を述べておくと、
『しっかりとした人だ』『この人になら仕事を任せられる』と高評価につながります。

面接で必ず受ける質問B

『入社したらどのような業務に就いてみたいですか』。
実際に企業で行われている仕事内容と、あなたが企業に対して抱いているイメージとが、
どの程度一致しているのかを判断するために行われます。

 

仕事で挑戦したいと思っていること、企業の一員としてどの程度貢献することができるか、
希望した業種に対する意欲ややる気を示すことが大切です。

 

他に受ける可能性のある質問では、

 

『以前勤めていた職業を辞めた理由は何ですか』
(あなたがどのくらいの意欲を持ち志望してきているのか、どの程度のリスクが生じるのかを判断します)

 

『この企業の印象はどうですか』
(一番最初に抱いた印象を述べると良いでしょう)

 

『給与や残業について要望や意見はありますか』
(どのくらいの給与額を希望しているか、どの程度の残業をこなすことができるのかなど)

 

『社会人としての心構えを教えてください』
(社会人としての目標、社会人としての目標などを述べましょう)