面接での質問例

面接での質問例@

アルバイト面接とはいえ、正規社員と同じくいくつかの質問を受けることになります。
質問内容は企業ごとに異なりますが、ここでは最も多く質問される内容を紹介していきます。

 

質問内容を暗記して回答を考えておく……のではなく、
実際の面接で臨機応変な応対が出来るよう、練習しておくと良いでしょう。まず、

 

過去に勤務経験がある場合には
『以前勤めていたアルバイトを辞めた理由を教えてください』
などの質問を受けるかと思います。

 

「気に食わない社員がいた」「イメージしていた業務と違った」
「面倒臭かったから」「賃金の支払いが悪いから」などと答えたのでは、
面接官は『いい加減な人だな』と悪い印象を持ってしまいます。

 

無難な回答としては「以前の職場では自分の能力を思うように発揮することができなかった」
「学業との両立を図っていたが両立が難しくなった」などがありますが、
どれだけ"誠意ある態度"を魅せられるかが勝負になります。

面接での質問例A

『この会社を志望した動機を教えてください』
前項でも紹介しましたが、面接官に対し反発的な態度をとったり、
いい加減な回答をして不快感を与えることのないようにしてください。

 

「社会勉強の一環としてこの企業で経験を積みたい」「仕事内容や会社の方針に興味が湧いた」など、
前向きな"働きたい!"という意欲をぶつける内容の回答にしましょう。

 

『その他何か質問はありますか』。これといって特に聞くことがない場合であっても、
最低1つ〜2つは質問を挙げた方が良いでしょう。ここで「いいえ何もありません」と回答すると、
『この人はやる気がないのだろうか』『仕事に興味が持てなかったのだろうか』と不安にさせてしまいます。

 

例としては、次のような回答があります。

 

「この仕事の最も魅力的なところは何ですか」
「採用の合否はいつごろ決定されますか」
「企業の社員数はどのくらいでしょうか」

 

など、簡潔に質問するのがポイントです。