面接の注意事項と心得

面接時の注意事項

正規採用と比較して、アルバイト採用は
"面接時の応対"により内定が左右されることが多いようです。

 

面接と聞くとなんだか重苦しい印象がありますが、
普段の自分を少しでも見てもらえるよう、リラックスした環境づくりが重要です。

 

アルバイトの面接でまずチェックされるのが、
礼儀作法、服装、身だしなみなどの基本的なものです。
こちらも面接官もお互いに初対面なわけですから、相手に不快感を与えないよう、
清潔感のある身だしなみで臨むようにしましょう。

 

「どうせアルバイト面接だし」などと気を抜いていては、面接落ちしてしまうこともあります。
また、面接の時間よりも5分〜10分前には到着するよう心がけましょう。
ドタキャンや遅刻は減点の原因になり、厳禁です。

面接の心得

アルバイト面接がいかに重要であるか前項で述べましたが、
アルバイトの内定は"面接でほぼ決定される"ということを覚えておいて下さい。

 

面接官はあなたがどのような人物なのかを、会話の特徴や仕草から判断します。
正規社員と比較してアルバイトの場合、雇用期間が短期となりがちですから、
社員や仕事上での"相性"に重点が置かれています。

 

アルバイト面接を受けるときのポイントとして、
まず最初に「どのような仕事をするのか」をきちんと確認するようにしましょう。
これにより、謙虚に話を聞く姿勢、仕事に対する意欲、職業との相性などが評価されます。

 

面接時の会話で重要なのが、相手の顔を見ながら、
そして適度に相槌を打ちながら話を聞くことです。
逆に、会話の途中で割って入るのはNGですので気をつけてください。