アルバイトとは?

アルバイトとは?

【アルバイト】は正式な会社員ではない人が収入を得る場合に、最も有効な手段とされています。
パートタイム労働法という法律により、「一週間の所定労働時間が同事業所の通常の労働者(正社員)よりも短いもの、またはその事業所の一般労働者と一日の所定労働時間が同じでも、一週間の所定労働日は少ない者」をアルバイト員とするよう定められています。

 

アルバイトに限らずパートや臨時社員も『パートタイム労働法』によりひとくくりにされており、扱いは同一となります。こうして見てみるとアルバイトもパートも同じ雇用形態のように思えますが、実際には若干の違いがあります。

アルバイトとパートの違い

アルバイト員として勤務する人の多くが、学業、本職というようにメインの職業を持っています。
本業のほかに副業としてアルバイトに就く場合が多く、
またいくつものアルバイトを掛け持つ人もいます。

 

パートと比較してアルバイトは労働時間が短く、
なかには1日〜1週間といったケースも存在します。

 

アルバイトに専門的な知識を要するところは少なく、就労期間も短期である場合が多いです。
パートについては1日の労働時間は正社員より少ないですが
ほぼそれと同等の業務を任せられることになります。

 

そのため労働時間も長期にわたり、主婦業に専念していた主婦が
「社会復帰」という形で従事する場合が多いようです。

短期アルバイトについて

パート、アルバイト以外の働き方としては『短期アルバイト』が知られていますね。
短期アルバイトは、基本的にアルバイトと同様の扱いとなりますが、
大きな特徴として「短期間の就労」とあります。

 

例えば、勤務先の会社が忙しい時期、短期プロジェクト・イベントが開催される期間などに、
短期限定でアルバイトを募集することがあります。これを短期アルバイトといいます。

 

また『登録制アルバイト』というものもあり、これは派遣会社に登録することで、
短期間のお仕事を紹介してもらう働き方のことをいいます。

 

企業側で短期間の仕事が発生すると、派遣会社にアルバイト員の要請が入り、
登録者のなかから業務に適した人が派遣されます。

 

登録制アルバイトのメリットとしては、「会社勤めに比べて様々な業務に関わることができる」とあり、
働くなかで自分に適した職種を見つける手がかりとなることもあります。