高校生でも稼げるバイト探し

高校生でも稼げるバイトの探し方

高校生歓迎のアルバイトを探す

 

高校生アルバイトの選び方としては、まず高校生歓迎高校生可となっている求人でないといけません。また働きたい仕事であるかや通いやすいかなど自分の条件に合ったアルバイト先を選ぶようにしましょう。「時給がいいから」などと安易に決めてしまうと、後々後悔することになりかねません。

 

求人サイトを見れば、高校生歓迎のバイトが見つかります。その会社の仕事内容や給与額なども事細かに記されています。

 

自分の探しているアルバイトの条件と照らし合わせ、慎重に選びましょう。サイトに書かれている内容だけでは不十分な場合もありますから、直接電話やメールで問い合わせてみるのもよいでしょう。

 

よく「こんなことを聞いたら迷惑じゃないかな」などと気兼ねしてしまい、そのまま面接を受ける人がいますが、企業は"募集している側"ですから、そんな事はありません。遠慮せず連絡してみましょう。

 

働きたいところが決まったらいよいよ申込みですが、ここで選考落ちてしまっては勿体ないですよね。
履歴書や面接では誠意ある態度を示し、事前に最低限の事をやり、面接に挑むようにしましょう。


高校生バイトが見つかる求人情報サイト一覧

ジョブセンス

バイトが決まれば祝い金までもらえる



ジョブセンスからバイトを探して採用されれば最大で2万円の採用祝い金まで貰えちゃう超お得な求人情報サイト。上場企業で求人情報の数も多く高校生OKのバイトから茶髪やピアスOKのバイトまで幅広く見つかります。

マイナビバイト

メジャーな求人からマニアックな求人まで



マイナビでは有名なお店や会社のバイトから他の求人サイトにはないマニアックな求人まで幅広く見つかるのがポイント。高校生歓迎や髪型自由などこだわり条件の検索ももちろん可能。1日だけの日払いバイトもかなり多くあります。

バイトルドットコム

CMでもお馴染みの人気求人情報サイト



バイトルドットコムでは高校生・大学生・専門学生のための学生バイトルから都合に合わせたバイトや場所や時給にこだわったバイトが探せます。各求人ごとに動画メッセージがあったりしてわかりやすいのも特徴。

CareerIndexバイト

求人情報数25万件は業界No.1!



CareerIndexバイトは例えばマイナビやanやフロムエーなど複数の有名な求人情報サイトにある求人を一括でまとめて探せるのがポイント。求人情報の掲載数は25万件以上とかなり多いので、ちょっと田舎の方の求人も見つかる。

フロムエー

誰もが聞いたことある有名求人サイト



フロムエーはあのリクルート運営の求人誌でも知名度抜群の求人情報サイト。こだわり条件で高校生可・未経験OK・大学生歓迎などで絞込んで探すことができます。大手だけあって求人数も豊富で新着の求人もドンドン追加されていきます。

高校生のアルバイト選びの基準とタイプ

1、条件重視型

「時給が高額でとにかく稼げるところがいい」「家から近いところがいい」「人気エリアで働きたい」「都合の良い時間帯がいい」など。アルバイト以外の本業をもつ人もおり、「学業の傍ら働きたい」「副業として働きたい」など生活の中心が別にある場合が多いようです。

2、やりがい重視型

先述の条件重視型とは真逆で、条件よりも"アルバイトそのものに楽しみや目標を見出せるか"に重点を置くタイプです。「イタリアンレストランで本場の技術を会得したい」「就職前のステータスアップにつなげたい」など将来を見据えて選ぶ人が多く、そのまま就職に至るケースもあるようです。

3、出会い重視型

人と人との出会いを重視してアルバイト先を決めるタイプです。「友達が欲しい」「彼女もしくは彼氏が欲しい」「同じ目的をもった仲間が欲しい」など、同年代の人達が働いているバイトや、友達と一緒に働けるバイトに就く人が多いようです。リゾートの単発バイトなど、泊りがけのアルバイトが人気です。

4、何となく働いています型

「何となく働かなくてはならない気がして」というように、特に目的はないけれど周囲の環境に順応して、などといった人が多いタイプです。何だかいい加減な感じがしますが、一番柔軟なタイプなだけに様々な職業に適応できるようです。逆に言うとこれまでのタイプ全てに当てはまりますので、広い視野で取り組めるかと思います。

 

高校生といえど、どうせ働くのなら出来るだけ自分の条件に合ったアルバイトに就きたいものです。
「時給が高くて」「勤務先が近くて」「将来性のある仕事で」……、
全ての条件に当てはまった仕事があれば、やはりそれが一番良いでしょう。

 

探しているうちに、自分の理想にぴたりと当てはまったアルバイトが見つかるかもしれませんが、しかし、実際には何かしら我慢しなければ働くことができません。多くの場合はある程度妥協しなければ働き口が見つからないのが現状ですから、"何を最優先にして決めるか"を考えるべきです。

 

求人サイトを見ると、魅力的な募集がたくさんあります。ここで迷ってしまっては、後々働きだしてから「想像していたものと違う……」などと後悔することになりかねません。

 

何を優先させれば良いのか

良いアルバイトに巡りあうためには、何が重要なのでしょうか。

 

先にも書きましたが、「あれもいい」「これもいい」「あれは嫌だ」「これは嫌だ」とこだわる人は、なかなか良いアルバイトに出会うことができないでしょう。

 

こうした人にかぎって具体的な希望条件を持っていないものです。しかし、よく探してみれば「これだけは譲れない!」というものが必ずあるはずです。どうしても一ヶ月以内に多額のお金を用意しなければならない、などという場合であれば、『高額アルバイト』が最優先事項になりますよね。

 

アパレルショップに務めたいのであれば『アパレル販売員』という職種に絞って探すことができます。その他勤務場所や時間帯など、個々それぞれの条件があるはずですから、まずは"自分が何を優先したいのか"を見定めてからアルバイト先を探しましょう。

高校生バイトの申し込み手順

アルバイトの申し込みはインターネットやメールなどを使った申込方法が主流となっています。
求人サイトから希望の求人情報を見つけてスマホや携帯やPCから手軽に申し込み可能です。

 

インターネットの申込みでは「必要事項を入力欄に記入していく」という方法が多いようですが、
その際は電話番号、住所、メールアドレスなど連絡先を間違えないように気をつけてください。

 

記入が終わったら最初から読み返し、きちんと確認してから応募しましょう。
電話で応募する場合は、その態度も選考基準となるので注意が必要です。

<電話をかける前の準備>

・応募する募集主の求人情報
・メモ帳など書き込みできるもの、筆記用具
・スケジュール帳などの手帳
・募集主への質問事項、確認事項など

<電話応募の重要点>

・質問事項や確認事項がある場合、箇条書きにするなど、あらかじめ整理しておくようにする。
・すでに書かれている内容は、出来るだけ質問を控える。特に給与額や休日数など。
・自宅電話が無い場合を除き、できるだけ携帯電話での申し込みは避けるようにする。
・相手の忙しい時間(飲食店であれば昼時など)には電話連絡を避けること。
・始業時間、昼休み(だいたい11:30〜13:30頃)、就業時間を過ぎたら連絡しないように。
・面接を受ける日時、場所、必要書類などの確認を、事前に済ませておく。

 

正規社員と比較して、アルバイトの採用確率は非常に高いものです。
かといって「アルバイトだから平気平気」などと言い安易な態度で臨んだのでは、
面接官にマイナスイメージを与えてしまいますので注意して下さい。

 

電話連絡をする必要がある際は相手側にも都合の良い時間、悪い時間というものがあります。始業時刻や終業時刻は準備、会議、片付けなどで忙しくなりますし、お昼時であれば休憩時間を過ごしていることでしょう。

 

これらの時間帯に突然電話が入ったのでは、少なからず不快な思いをしますし、迷惑に思われてしまうこともあるでしょう。出来るだけこうした時間帯は避け、失礼のないよう連絡を入れましょう。

 

また、質問内容や要望などは、あらかじめメモに書き留めておくなど準備しておきます。相手が聞き取りやすいよう、ゆっくりと分かりやすく話しましょう。

 

また、履歴書は必ず写真付きのものを用意します。
「アルバイトだから〜」などと適当に済ましてはなりません。